2019 三菱パジェロミニ ABA-H58A サーモスタット交換

相棒 三菱パジェロミニの

サーモスタットの交換

だいぶ前か水温計の異常が(゜ロ゜)

温度が上がらず、上がっても下がり

たまに車内に冷たい風が(ToT)

サーモスタットはラジエーターからの

クーラントを調節する部品で、温度に

重要に関わる所やけん

今回、用意したのは

楽天で1500円位のサーモスタット

後、400円位のクーラント2リットル

紙ヤスリに、ペットボトル

まずは、全然エンジンを

かけてない状態で作業

エンジンルームを開けて

ABA-H58Aのパジェロミニは

ここにサーモスタットが

そんでオイル交換同様

アンダーカバーを外すよ

フロントのボルトを取れば

後の2本は緩めるだけでよかよ

そこから上を覗くと、助手席側に

ラジエーターの白い栓が

ここを開けると、クーラントが出て来るよ

始めにラジエーターキャップを回して

開けると、圧の関係で

ドバッと出てくるけん

始めはラジエーターキャップは

開けんほうがよかよ(^-^)

ラジエーターのクーラントが抜けたら

サーモスタットの交換

クーラントのリザーブタンクは

そのままで大丈夫よ(^-^)

これが、新品のサーモスタットとパッキン

まずはボルトを外して

古いパッキンを取って

紙ヤスリで綺麗に

この時に、古いサーモスタットは

そのままでヤスリせんとカスが

中に入るよ( ゚д゚)ハッ!

両方とも綺麗したら

この向きでサーモスタットを取り付け

ちゃんとせんとオーバーヒートするけん

ボルト締めたら、ラジエーターの栓も

締めて、クーラントの補充

そしたら、大事なエア抜き

車のエンジンを始動して

ラジエーターキャップを開けたまま

ラジエーターいっぱいまでクーラントを

入れたら、空気が上がってくるけんね

ある程度したら、ラジエーターから

空気が出らんくなるけん

そしたらキャップして終わり(^-^)

アンダーカバーも取り付けんとね

水温計も良好になったよ

12万キロお疲れ様( 〃▽〃)

カテゴリー: 2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。