番外編 山口 角島から島根 元湯温泉

今回紹介します温泉は島根県太田市

にある♨温泉津温泉元湯です。





福岡から高速道路を使用しないで

約9時間くらいかかります。

福岡から3号線を上り

関門トンネルを抜けて

山口県の海岸沿いの

191号線を行きます。

後はひたすら海岸沿いの

ドライブ🚗💨です。


途中角島に寄りました。

明け方は人もいませんでした🎵

空は晴れてまさに秋空で綺麗でした。

途中道の駅や綺麗な景色など

海岸沿いはたくさんあります。

ドライブ旅行にはとても良いルートです。

時期的に彼岸花が綺麗でした✨

道の駅には珍しい果物も

発見出来たりします。

ポポーという果物です。

甘いかおりで皮はアケビのように

アクが強い感じで

ビワや梨のような感じです。

島根県は温泉県と言って

良い所で、道の駅にはこちらの

無料パンフレットがあります✨

無料なのに詳しく載ってます。

温泉♨️好きの方は是非道の駅などで

探してみてください😌

道の駅を何軒か巡りこちらで昼飯🍴

ホルモンうどんをいただきました😋

また、ひたすら海岸沿いを

ドライブして🚗💨

温泉津温泉♨に来ました✨

こちらが今回の元湯温泉♨

☀朝早くから開いてます。

♨泉質は最高です。

真ん中がぬる湯 写真右手があつ湯

ぬる湯も44℃とかなり熱いです。

天然温泉で温、冷水を混入

してません。

又、加熱、冷却しない、循環しない

本物の♨温泉です

ボーリング、ポンプアップ等

動力揚水によらず

自然の力で地底から時間をかけて

じっくりと温泉が湧き出ています。

従って、自噴湧出量に見合った

浴槽規模の温泉です。

地上に出た温泉成分の1部が空気に

触れ酸化し淡茶褐色を呈し

これが鍾乳石のように浴槽に

付着してます。

源泉から浴槽までの距離が

2~3メートルと非常に近距離

のため泉質が老化しない

新鮮な成分がたくさん浴槽に

入っています。

含有されている多種多様な成分の

構成バランスが非常によく薬湯♨

としての総合的機能を著しく

高めているようです。

♨源泉温度

摂氏49.9℃

槽温度摂氏

44℃~46℃

♨泉質 

ナトリウム

含土類食塩水

(アルカリ金属過料に含んだ

食塩水です)

ぬる湯  44℃

あつ湯 48℃

♨元湯の前に飲泉が出来る所が

あります。

飲むと塩気と鉄の味がして不味い

ですが、是非飲んでください😌

👛料金 💴300

 

所在地

〒699-2501

島根県邇摩郡温泉津町

温泉津ロ208-1

 

🕒営業期間

AM5時~PM21時

(受付~20時20分)

休憩AM9時~PM15時30分

年中無休






返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です